実物審査にあたっての裏話^^

2018.12.13 20:10|制作
だいぶ時間があきましたが、実はハンドメイドアワードの実物審査が始まる前、
minneにてOTOOTOさんの記事を読んだのですが、
その中で緩衝剤に折り紙の輪っかをつめたというのを読んで、すっごく面白いと思いました。

なので、私ならどうするかと考えて実は取り入れてみてたんです、
審査には全く関係ないけどね(笑)まあ影響受けやすいタイプなので…(笑)

今回お寿司な箱のギフトセットだったので、仮にこれがお店で販売していて、
それがお客様の元へ宅急便で発送されると仮定してみました。

まずはお寿司なのでね…保冷剤いれとかないと!
ということで、緩衝剤を保冷剤に見立ててみました。
保冷しとかなきゃなので、隙間には発泡スチロール。

梱包1

あとお店から送られてくる段ボールって、お店のロゴだったり印刷されてるなと思ったので
こんな感じにしてみました…。

梱包2

ロゴであったり、売り文句であったりを考えて、プリントしてみました…この発送の為だけに(笑)
審査とは関係ないけど、この作業地味に楽しかったです。

…という自己満足なものだったのですが、
実はこの梱包企業賞でいらっしゃってたシモジマさんに見ていただけたらしくって、
懇談会のときお声かけいただけたときに、こちらの梱包についてもお褒めの言葉をいただけて…・゚・(つД`)・゚・
まさか見てもらえることさえないと思ってたくらいなのに、見ていただけたこと、
そしてお褒めいただけたこと…めちゃめちゃ嬉しかったです!
何度も言いますが審査関係ない部分なのに!
それが嬉しかったので、この度お披露目しちゃいました^^
というか企業の方が見れたってことはきっと
minneさんが何かしらの形でお披露目してくれてたってことですよね…
本当にありがとうございます( ノД`)

今だから言えるけど、この日は良い事もありすぎだったし、ありがたいことばかりでもあったけど、
正直すごく凹んだこともあって…自分まだまだだなって思い知らされた部分もあって…。
賞を取る取らないとか関係ない部分の問題で悔しい部分もあったりして…。
その気持ちをまだ引きずってるから、そんな自分を見返してやれるよう、
これからも努力していかなきゃなと鼓舞しようと思います。



スポンサーサイト

反省点を活かして挑んだ、ヨコハマハンドメイドマルシェの結果報告

2018.11.23 07:30|イベントレポート
さて終わってから日にちがあいちゃいましたが、イベントお立ち寄りくださった方ありがとうございました!
先日作家さんのイベントへの試み記事を読んだら私も書きたくなって久しぶりに更新してみようかと…
影響受けやすいので、自分(笑)

2018ヨコハマ秋


さて今回のイベント、他の作家さんに聞いた話では土曜日の方がお客さんが多かったとのこと…
でも私が出店したのは日曜のみでした。
また今回ぶっちゃけますとブースの位置はあまりよくなく、不安な予感はしてて、
確かにお客さんあまり通らなかったんですねー、、。

しかし実は一日しか出店してないにもかかわらず、
前回のヨコハマ両日の合計売り上げよりはるかに上回ってたんです。
このことから前回の反省点が活かされてたなと思う点があったりしました。

そのうちの一つの試み…
実は今回事前にアンケートをとって、
フォロワーさんの中でヨコハマに来ようと思ってる方がどのくらいの割合か調べてました。
項目は1.絶対来る 2.予定があえば来る 3遠くて来れない

そして私が1番知りたかったデータは「予定があえば来る」と答える方がどのくらいかということでした。
この予定が合えばって面白いところだと思ってて、
これは単純にスケジュールがあいてれば…ということだけではないんですよね。
例えばその日あいてても前日忙しくって当日疲れが残ってるから
出かけるのやっぱり辞めようってなるって可能性もあるし、
あとはイベント近くなって調べたら自分の推し作家さんが他のイベントの方が多く出てたから見送ろうかなとか、
作家さんなら行こうとおもってたけど予定より作業が進んでないから行くの諦めるとか…。

つまり予定がわからないということだけでなく、
気がのらなくなったら諦める可能性もあるという選択肢だと思ってたんですね。
逆にいえばこの悩んでる方をどうしたら行こうかなーという考えに変換させることができるかということでした。
まあいくつか方法はあると思うのですが、
今回新たに試してみたうちの一つは、SNSでのみ告知したフォロワーさん対象企画の導入。

これをしてみることでいろんな事がわかるのですが、
大きく分かるのは今回購入してくださった方が新規の方か以前からのフォロワーさんかということ。

私の作品の特徴として新規の方の場合は買うにいたるまでのハードルが非常に高いんです。
理由は紙のアクセサリ―になじみがないから、壊れないかとか水とか不安要素があるからです。
逆にリピーターさんの場合は実際に使ってみてくださってるから
品質に安心感を持っていただいてるのでデザインが好みのものであった場合、購入してくださる可能性が高いのです。
そして実際今回いつもに比べてお客様の割合、フォロワーさん率が異様に高かったんですね!
なのでブースの位置的に新規の方が通らなかったとしても、
私のブースを調べて来て下さってるリピーターさんがより多く来て下さったので、
立ち寄ってくれる人数がいつもより少ない+一日しか出てなかったけど結果売り上げはあがったんだと思います。

いや…もう本当ありがたすぎます…本当にありがとうございます!!

そしてこの結果は前回お隣のブースのリピーターさんが沢山よってるの見て参考にしたところだったので、
この点は反省点を活かせたと思ってます。
ただ今回も反省点はいくつもやっぱりあって、その中の一つはまさかの忘れ物が異常に多かったこと(笑)
納品書は忘れるわ、台紙は忘れるわ、マステ忘れるわ、道具忘れるわ…
あと他の作家さんのブース調べるのとかそういうのも含めていろんなことを忘れてて…
売り方以前の問題で当日ものすごく困りました…。
もう本当ここも次はこうならないようにシステム化したいところ><

今回の反省点も次回のイベントに反映させたいなー。



minneのハンドメイドアワード2018への思い その2

2018.10.29 07:25|制作
今回応募をするって決めたことで、
昨年はノミネートを目標にしてたのに対し、
今年はとにかく応募を後悔しないことを第一目標にしてたので、
とにかく楽しんで作ろうかなと思いました。

といったものの、何を作ったらいいか全くアイディアが浮かびませんでした。
そこで、今までで一番楽しかった工作ってなんだろうと振り返ってみました。
そこで真っ先に浮かんだのが、小学校一年生のときの自由研究。
何を作ったかといいますと、実はお寿司セット。
よく梱包で使われてるプチプチや、りんごとかを包んでる緩衝剤とか、
とにかく身近で手に入るものを使ってお寿司セットを作りました。
その当時の頭なりに、ここはこうした方がそれっぽいみたいなのを再現しようと作った記憶があります。
その楽しかった記憶がよみがえり、
ふと大人になった今、そして紙への知識も増えた今、
同じものを作ったらどんなものができるのかなと考えたのがきっかけで、
今回お寿司セットにチャレンジすることにしました。
大人の自由工作ですね♪笑
あと単純にお寿司好きなんですよねー、食べるのもモチーフとしても。

ハンドメイドアワードは普段は考えなきゃいけないコストも制作時間も縛られないから
自由に制作をさせてもらえる機会を与えてくれますよね。
こういうコンペが存在しなかったら、
こういう販売を考えないでいい作品にチャレンジすることってないと思いますもん(ノ_<)
自由に制作できるからこそ、普段チャレンジできないことができますし、
ここでの制作の経験が普段の制作へ技術やアイディアとして反映できることもあるかもしれません。

来年は何にチャレンジしようかなー(*^_^*)

箱寿司



minneのハンドメイドアワード2018への思い その1

2018.10.26 07:20|お知らせ
この度、minneのハンドメイドアワード2018のギフト部門にてノミネートさせていただけました。

箱寿司

謙遜とかでなく本気で審査通過できると思ってなかったので、とても嬉しいです!

なぜ通過できないだろうと感じてたか理由はいくつかあって、一つ目は他の応募作品がすごすぎたからでした。

応募期間中、とくに〆切間際、TLにていろんな作家様の本気な応募作品を見てきました。
どれも本当にすごくって今まで挑戦したことのないものを作ってる方、
前から思い描いてたものをようやく形に起こせたという方、
難易度の高い技術にあえて挑んで制作した方、
今までにない着眼点で作品づくりをされた方、
本当いろんな作品に巡り会えました。

またそれを制作するまでの試行錯誤、
うまくいかないで悩んでた時間、
ようやく形にできた喜び、
本当にいろんな想いも伝わってきて、なんだろ…言葉にできない感情がいっぱいでした。
単純にすごいとも思ったし、かわいいーとかかっこいいーとか、欲しいーとか。
でもそれだけじゃなくって、こんな作品作れるなんてと嫉妬してしまったりとか、
こんな作品いっぱいあったら、もうこれらがノミネートされるっしょ、自分無理だわーみたいな
負の感情まで時に抱いてしまうような、そんな複雑な気持ち。

そしておそらく全員に当落通知が来たころ、
TLでは落ち込んだようすのツイートが見かけられました。
この気持ち痛いほど伝わってきて、自分のツイートじゃないのに泣きそうになりました。
だって去年は私がそうだったから…。

去年応募した作品、私的にはいろんな工夫もしましたし、
試行錯誤も重ねて、普段よりも長い時間をかけて制作しました。
だからこそ思い入れもすごくあったんです。

でも結果は一次落選…。
通過は難しいだろうとわかっていたけど、それでもいざその通知を受けると、
まるで作品にダメだしを食らった気分になってしまったんです…。
いやそうじゃないとは頭ではわかってるんですけど、
心はそう思ってくれなくって…。
だからめちゃくちゃ泣きました…本当にめちゃくちゃ。

そんな素敵作品をいっぱい見て来たからこそ、
今回の結果を得られた自分、ぶっちゃけ奇跡だなと感じています。
と同時になんだろ…重みというのかな…上手く言葉にできないけど、感じてます。
めちゃくちゃ嬉しいんだけど、それだけじゃない複雑な気持ち。
でもせっかく去年は叶えられなかった結果を得られたのだから、
これを今後の自信にしていきたいと思います。

あと実は本日からノミネート作品の一般投票が始まりました。
投票数の多かった作品が話題賞として選ばれるとのことなので、
協力してやってもいいよって方は力を貸していただけますと、すごく嬉しいです!


以下に応募方法記載させていただきます^^

1. minneの公式Twitter(@minnecom)をフォローする ←※忘れがち

2. 投票期間中に、ノミネート作品の中から投票したい作品をクリック。
作品名の下にある「この作品に投票する」ボタンからツイートすると投票が完了します。

ちなみに作品の投票ページはこちらになります♪



妄想を叶えさせてもらいましたっ!

2018.10.15 20:00|お知らせ
えーSNSを普段見て下さってる方、
特にtwitterの方を見て下さってる方はしつこいくらいに見て知ってるかと思いますが、
実は私の大好きなブランドにて、一般からアイディアを公募+投票で一位になったものを商品化してくれるという企画がありまして、それにこの度応募させていただきました。

実は公募の存在自体は以前から知っていて、見る専門でした。
けれども今回のテーマが「もふもふは正義」だったため、
以前からうさぎグッズ(+お気に入りの)が意外と世の中少なくって嘆いてた身としては、
ぜひ作っていただきたいと思い、苦手なイラストにチャレンジしてまで応募してみちゃいました(笑)
(…やはり世の中猫ちゃんの方が需要あるのですかねぇ…ねこちゃんグッズくらいうさちゃんも出して欲しい笑)

うさポーチ


実際に投票が始まると、嬉しい事に300票くらいまで集まってくれました。
ただその時点では他にもっと多く票を集めてるアイディアもある+商品化の条件である500票までには届きそうにもありませんでした。

この時点で、あ、やっぱり無理かな…なんて内心は思ってもいたのですが、
でも夢をあきらめきれず、ダメ元でSNSで投票をしつこいくらい呼びかけたところ(もうホントにすみません><)、
それを見て下さったフォロワーさんが入れてくださったり、
フォロワーさんがRTして下さったのを見た他の方々が票を入れてくださって、
少しずつ票が集まりだしました。
また中には応援してますとか、諦めないでくださいって温かいコメまでいただいて…
本当関係ないツイートばかりで申し訳ないななんて思ってた身としては、そのお言葉に救われました。

そうして最後の最後で目標数の票を取れただけでなく、一位にまでのし上がれた…もう感謝しかないですっ!!
私のわがままな願望に対し、これだけの方が協力してくださったというのが本当ありがたすぎて…
しかもハンドメイド関係ないのに!!(つД`)ノ
特にインスタの場合は直接リンクが貼れないから、
わざわざweb検索していただくところから始まるというとても面倒な作業なのにも関わらず、
投票しましたよーとか、商品化されるといいですねーなんて応援していただけて…・゚・(つД`)・゚・

目標達成出来たときには、おおげさでなく、マジで泣きました、嬉しすぎて…。

まあ大人の事情によって、商品化が必ずしもできるわけではないと思ってますが、
ただの妄想が皆様の協力のおかげで具現化できるかもしれないというチャンスをつかみとれたこと…
本当にありがとうございます!

もし実現したら、SNS等やお披露目しようと思ってます^^
またイベントにも連れて歩きたいなー(*´∀`人 ♪

そして本業であるハンドメイド制作の方もかなり忙しくなっておりますので、
引き続き頑張っていきたいと思ってますのでよろしくお願いいたしますっ!



11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
web shop

twitter

instagram

プロフィール

totecoco(トートココ)

Author:totecoco(トートココ)
ペーパ―クイリングという技法による
紙のアクセサリ―の制作をメインに活動しています。

作品を通して幸せを運ぶことが
できればという想いから
コツコツ制作活動をしています。

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

News&Work

●2013●

ヨコハマハンドメイドマルシェ2013

dクリエイターズ×TOKYO DESIGNERS WEEK賞 受賞/ハンドクラフトフェス展示(六本木ヒルズ)

(雑誌掲載)  私のハンドメイド

dクリエイターズ×楽天オークション2013秋冬ハンドメイドコンテスト ノミネート

デザインフェスタvol.38


●2014●

dクリエイターズ クラフトバレンタインコンテスト 入選/イオンモール幕張新都心店 展示

dクリエイターズ×東京都美術館ミュージアムショップコラボ企画 選出

dクリエイターズ×東京ガールズコレクションコラボ企画 選出

デザインフェスタvol.39

ヨコハマハンドメイドマルシェ2014

toppin'kitchen 委託販売(7〜12月)

(書籍掲載)  日本藝術の創跡vol.19

くりくり展#10

dクリエイターズ ハンドメイドストアinうめだ阪急

デザインフェスタvol.40

dクリエイターズ ハンドメイドストアin西宮阪急


●2015●

(書籍掲載)  ART BOX vol.23 Cool Japan creators file Ⅳ

dクリエイターズ ハンドメイドストアinうめだ阪急2015春

デザインフェスタvol.41

(雑誌掲載)  ハンドメイド作家ガイド

デザインフェスタvol.42

高円寺cream 鳥のつどい展


●2016●

HAND ART Marché

minneのハンドメイドマーケット2016 

ヨコハマハンドメイドマルシェ2016

ハンドメイドインジャパンフェス2016

(web掲載) irorio

GIRLS DAY OUT


●2017●

リボンマルシェin恵比寿

リボンマルシェアモーレinうめだ阪急

minneのハンドメイドマーケット2017

ヨコハマハンドメイドマルシェ2017

リボンマルシェ in kitto

2017うめだどうぶつえん

ヨコハマハンドメイドマルシェ2017秋

cottoliの小さなパン屋さん


●2018●

minneのハンドメイドマーケット2018

ヨコハマハンドメイドマルシェ2018

紙フェス(東急ハンズ池袋店)

2018うめだどうぶつえん

ヨコハマハンドメイドマルシェ2018秋

月刊『ディズニーファン』×minneのコラボレーション企画「THE MICKEY MOUSE 90th Collection」にてミッキー&フレンズをモチーフにした作品を出品。

minne Christmas Market in キラリナ京王吉祥寺

minneのハンドメイドアワード2018 話題賞