totecocoならではの、缶バッチ制作のこだわりのお話(+ハンマケに向けての計画ちょっとだけお話)

2020.02.02 17:25|制作
発注してた缶バッチの一部が先に届いて、
そのノリでお披露目したお遊び制作の
「年賀状缶バッチセット」
時期もとっくに過ぎてるから絶対誰もいらないと
思いながら衝動に駆られて作っちゃったのですが
意外と好評でびっくり嬉しいです!

…販売は……どうしようかな……、、。
ちょっと考えますね、、。←時期がますます送れる件につき、、。


さて、これ、お遊びって言ってるからには
実はちゃんとデザイン制作したやつも
あるってことなんですよ笑

実は今回ハンマケに向けて缶バッチを5種類考えてて
うち4種は配布用(←時期が近づいたらもらい方の説明します…けど多分、諸事情からSNSでは告知しないかもしれない…、、だからblogのみで告知すると思う…まあblog更新したときはいつも通りtwitterで更新したよとはツイートすると思います。)

そしてもう一種はイベントにて指定金額以上購入された方へのプレゼント用。
(5000円くらい??まだわかんないけど)
でこのプレゼント用のやつ、特製台紙がついてきます。
実はですね…この台紙ってところが
totecocoならではのこだわりポイントなのですよ。
そこの話を本日しようかと思います。

totecocoは紙を扱ってるブランドなので、
缶バッチ本体のデザインというより、
パッケージとしてついてくる台紙のデザインがあって
成立するタイプのものを作りたいっていうのが
缶バッチ制作においての一番のこだわりでした。
(だから年賀状のも台紙があってこそみたいな感じになってるでしょ?笑)
このパッケージへのこだわり精神は
tote lab.の影響をすごく受けています。
缶バッチとしても成り立つけど、
でも台紙があってこそ。
台紙は作品の引き立て役ではなく、
作品の一部って意識です、だって紙なんだもん。
身につけるってよりは、そのまま飾って楽しいもの。
だからこのプレゼント用に作ってる物も
実はそんなデザインになってます。

あと配布用の4種というのは
実は台紙はないのですが
ある条件を満たした方には
別に台紙もプレゼントって形に
する計画を立ててます。
詳しいことは時期が近づいてからにしますね。


ここだけの話、totecocoが
イベント(あと委託)に出るときって
新規のお客様との出会いよりも
実はいつもSNSを見て下さってたり
リピーター様に喜んでもらえる企画を
重視して考えてる傾向にあります。
(まあこの話は話すと長くなるので、本日は割愛笑)
だから当日お金なくても、買い物もしなくっても
楽しんでもらえるようなこと
実はこんな感じで水面下で計画、準備中ですので
これからもよろしくお願いいたしますね!



スポンサーサイト



今後の活動方針について(後編)〜tote lab.始まる〜

2020.01.21 19:15|お知らせ
以前の前編のときにて、
今後は一部を除いて販売価格の一斉値上げと
個数制限をかけることをお話しましたが
今回は新シリーズのお話をしようと思います。

この度totecocoから新ラインとして「tote lab.(トートラボ)」を立ち上げます。

totelabblog.jpg


tote lab.とは何か?どういう経緯で生まれたの?
今日はその話をしようと思います。

まずtotecocoのコンセプトは
「紙で作っていることによる、驚きと楽しさをお届けがコンセプト♪」
これまでwebで、イベントで、いろんなところで
え、これ紙なの??って沢山の方に驚いていただけました。

そんな中、今後の活動方針を考えていったときに思ったのが
より紙で楽しんで欲しいということ。
そして紙に対する技術も知識も増えた今だからこそ、実現可能な想い。
それは「紙の新たな可能性と楽しみ方を広げるブランドでありたい。」
これがキーワードとなりました。

通常販売用に制作しているもの
確かに紙で作る事へのこだわりが詰まってます。
ただ、より多くの方にお届け出来るよう、
販売価格帯を一定の状態に納めるべく
コストや制作時間にある程度の制限が
どうしてもかかってしまいます。

ということで、あえてこれらの制限を設けないのはどうか?
紙の可能性を追求すべく、
もっと自由に紙工作を出来る場が欲しい。
いろんな可能性を探っていきたい。
だって本当は紙で出来ることってもっともっとあるんだ。
なんといっても紙って素材は
色だって、質感だって、厚みだって本当に種類が膨大。
さらに紙ほど加工の幅がある素材ってそうそうないと思うんだ。
切ったり、巻いたり、折ったり、 グシャグシャに丸めてみたり、凹凸をつけてみたり…
あげきれないくらい、もっともっと存在する。

思いつく事いろいろ試したら果たしてどんなものが生まれるのだろうか。
それは私自身にもわからない、
それはまるで紙に対するtotecocoの実験的なものづくり。
ということでこの度
totecocoの作業場の中に実験場を作りました。
それが「tote lab.」です。

そこでまず紙で何をしてみようか、
実験を行うにあたって今回着目したのが
作品に添えられてる台紙やパッケージ。
普段なら作品の魅力の引き立て役だと思います。
でもよく考えたらそれらって
紙で出来てるなってことに着目したのです。
ならばそれらを作品と同じくらい、
いやむしろパッケージがメインなんじゃないかって
くらいに手加工加えたり
材料をゴリゴリにこだわってみたらどうか。
それこそコストも制作時間の制約も一切かけないで
ただひたすらに紙でやってみたいことを詰め込んだら
totecocoにしか出来ないものが出来るのではないか、
そう考えました。
tote lab.の最初の実験です。

その考えのもと細部にまで紙にこだわりぬき
様々な試行錯誤をし、
この度totecocoのこだわりの一点、
そして同じコンセプトのもと制作したものが2点
出来上がりました。
ちなみにこのこだわりの一点
それが先日SNSでお見せした刺繍テディに関わってきます。
こないだのテディは、この作品の一部なのです。
つまり今回力を入れたのは、パッケージ。

ブローチ本体よりも
パッケージに時間もコストも膨大に、本当に膨大にかける。
細かな部分でも素材に使う紙も手間も一切妥協しない。
大事なのは作りたいものへのこだわり、それだけ。
それはminneのハンドメイドアワードに
チャレンジしたときと同じ感覚。
そう、これはアート作品の制作。
それは一見気狂いと思われそうな取り組みかもですが、
むしろ紙もの作家であるtotecocoならではの
こだわりであったり、
totecocoだから出来ることだと思います。


そしてこれら実験成果については、
また後日ご紹介いたします。


totecocoの通常の作品制作に加え
tote lab.から生まれる作品も
ゆっくり楽しみにしていただけたらと思います。



今年最初の受注だけど、ある意味最後でもあるって話

2020.01.18 23:18|未分類
ついに今年最初の受注日が決まりました。

1/19の21時~22時の一時間。

受付時間短くしちゃってすみません。
夜だと都合悪い方もきっといらっしゃると思う。
寝かしつけとかトラブルだってあると思うし…。
でも現状これが精一杯の引き延ばしでした、すみません。

今回の受注、今年の始まりでもあるんだけど、
私にとっては最後の瞬間でもあります。
これまで約2年間走り抜けて来た販売スタイルをこれでやめるから。

まあ流石に必ずしも全部を無制限とかではなかったし
その間他の受注をとめたり、
事前にパーツを作りだめしといたり
受注期間を短くしていったり
納期を伸ばしていったり
いろんな対策をとってやってみてたけど
それでもお客様の満足度を落とさずに
一人で対応できる限界値は超えてしまったため
来月からは期間限定作品や再販作品の一部は個数制限をかけます。
(でも再販に関してはすでにお迎え済みの方多いと思うし、そんな影響出ないはず、、と思いたい。)


あと大変申し訳ないですが、
新作テディ以外の全作品の価格改定を行います。
まだどのくらいまであげるか結構悩んでるんですけど
今度こそ利益が出るように思いきってあげたいのもホンネ。
でもあげることによって
批判を浴びないかという不安もあるのもホンネ。


ともあれ…明日は祭だと思って思いっきり楽しもう!
お客様にとっても楽しんでもらえたら嬉しいな。
ただただそれだけを願います。



活動停止中のアクセス解析という裏話

2020.01.12 13:23|未分類
活動してきて初めてとった受注業務のお休みですが、
予告なしにとめてから約一ヶ月半が経ちました。
裏ではいろいろ作業をしているので
仕事自体がお休みってわけでは一切ないんですけど
でも表面上は活動停止してます。

だからその間minneでは新作も出してないし
再販も一切してないし
それどころかどの作品も更新すらしてない。
表示されてる作品もネズミさんを除けば
販売不可状態にしてるためネズミさん以外は
minneの通常の検索方法では探せないんです。
(条件設定のデフォが販売中のみになってるため、わざわざすべてにするか、展示中のみにしなきゃ探せない…でも買い物する方からしたらあえてその設定にすることはほとんどないと思う。)

そして一ヶ月半もminne上では死んでる自分
だからアクセスなんてないと思ってたんですね。
ところが本日たまたまアクセス解析を見たら
訪問して下さる方が0人じゃなかったことに驚きました。
それも毎日ある程度の方が見て下さってて…。
また検索ワードの一位がtotecocoであること。
つまりなんとなくminne見てて偶然見つけたって方ではなく
わざわざ!わざわざ目当てで探して下さったり
見て下さってる方がいらっしゃったということなのです。
本当に嬉しいです、ありがとうございます!!
SNSでは長々とは語れないので
ブログの方に書かせていただきました。

これからに向けてまだまだ準備の途中ですので
お披露目出来たり販売の準備が整い次第
minneでの活動も再開させていただきますので、
引き続きよろしくお願いいたしますね!


制作活動において、特に好きな業務はなんですか?のお話

2020.01.09 20:01|未分類
今後の方針の後編にあたる新シリーズの紹介に関しては
まだ紹介できるだけの準備が整ってないため
後日にまわしますね。

さて今日は昨年作家アドバイザーの方に
カウンセリングを受けていった中で
最初にいただいた質問のうちの1つについてお話しようかと思います。

「活動において好きな作業を3つあげてください。」

以前ブログでもお話しましたが、
当時この質問に対する回答が全く浮かびませんでした。
あれだけ寝る時間も惜しんでものづくりに取り組んでた自分が
何も浮かなばないってことに、
自分自身衝撃を受けました。
日頃から気分の浮き沈みは激しい方なので
心が沈んでるときとかも普通にあるのですが
それでも手がとまることってなかったんです。
でも今回は違った、回復した現在だから言えますが
今思えば初めて無関心に近い状態になったんだと思うんです。
物事辛いって感じるのは、その反面愛情があるからだと思うんです。
だからこそそれもプッツン切れた無関心っていうの、異常事態でした。

そして現在改めてその問いについて考えました。
まだベストスリーは模索中なんですけど、
1つはtwitterじゃないかなって思うんです。
プライベートではSNS一切やらないし、
もともと全くまめな性格でもないはずなのに
楽しいんですよ、フォロワーさんとお話するのが。


私が普段お客様とやりとりするのは
主にminneとtwitterなのですが
minneの場合は完全にお仕事対応になるので
やはりどこかテンプレ感あったり
堅苦しいやりとりになります。
(あと基本私SNSのアカウントとminneのお客様をあえてなるべく紐づけて覚えないようにしてるのもあります。日頃の感情が入ってしまうのを防ぐため、、もともとテンプレ対応に置き換えるのが苦手なんです、冷たいから笑)

それに対してtwitterは気軽に見て下さる方と
コミュニケーションがとれるツールなので楽しいです
(苦手である、丁寧だけど冷たさのある文章も考えなくて済むし笑)
またminneは基本お迎えして下さった方、
もしくはこれから購入しようと考えてる
いわばお客様への対応のみとなりますが
twitterはお迎えするしない関係なしに、
作品に興味を持って下さる方と気軽に話すことができます。

そして単純に話すのが楽しいだけでなく
ときには作品づくりのヒントをいただけたり
作品のリアクションがいただけたり
販売の指針決めの参考にさせていただいたりと
運用面でも本当にすごく助かっております。
例えばLINEスタンプも
twitterから生まれたもののうちの1つです。

一人で活動してるといろんな事が不安でしかないので
客観視してもらえる環境ありがたいです。
あと他の作家さんもそうだと思いますが
UPした作品に可愛いって言っていただけること
本当に励みになってるんですね。
あとわからないことがあってつぶやいたら
それを助けて下さる方々がいつもいて下さって
これまでも本当いろんなこと救われてきてます。

あとですね、私個人は何の取り柄もない人間だけど
twitter上では作家のアカウントで発信してるため、
なんでもない自分だけど
totecocoの中の人でいさせてくれる。
見て下さる方がいらっしゃると思うと
喜んでもらえるよう頑張ろうって思える。
いろんな刺激ももらえる。
作家さんと繋がることもできる。

だから好きなんじゃないかなって思います。

もちろんインスタも続けていきますが
(それに昔からのフォロワーさんはおそらくインスタの方が多いですよね、きっと…そんな中最近twitterのアカまで新しく作って下さって両方見て下さるお客様、神様でしかないです、、。)
現在はインスタは作品紹介用って感じ。
どっちも継続予定なので、
お客様にとって利用しやすい方を
これからも見ていただけたら嬉しいと思ってます。
ただ中の人はtwitterの気軽さが好きってだけなので笑
(ちなみにこれも個人的な話ですが、インスタのTLが時系列順じゃなくなったころから見づらくなって、追えないことが増えて全く見なくなっていったんですよね…ホントはインスタしかやられてない作家さんも多いから見たいんだけど、通知設定したら通知まみれになって、自分宛のものに気がつけなくなったから、今は通知設定minneの勉強系のアカウントしか設定してないですし…、、だが通知仕事しないことも多いけど…、、twitterは時系列順に設定できるから、それも嬉しい)



03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
web shop

プロフィール

totecoco(トートココ)

Author:totecoco(トートココ)
ペーパ―クイリングという技法による
紙のアクセサリ―の制作をメインに活動しています。

作品を通して幸せを運ぶことが
できればという想いから
コツコツ制作活動をしています。

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

News&Work

●2013●

ヨコハマハンドメイドマルシェ2013

dクリエイターズ×TOKYO DESIGNERS WEEK賞 受賞/ハンドクラフトフェス展示(六本木ヒルズ)

(雑誌掲載)  私のハンドメイド

dクリエイターズ×楽天オークション2013秋冬ハンドメイドコンテスト ノミネート

デザインフェスタvol.38


●2014●

dクリエイターズ クラフトバレンタインコンテスト 入選/イオンモール幕張新都心店 展示

dクリエイターズ×東京都美術館ミュージアムショップコラボ企画 選出

dクリエイターズ×東京ガールズコレクションコラボ企画 選出

デザインフェスタvol.39

ヨコハマハンドメイドマルシェ2014

toppin'kitchen 委託販売(7〜12月)

(書籍掲載)  日本藝術の創跡vol.19

くりくり展#10

dクリエイターズ ハンドメイドストアinうめだ阪急

デザインフェスタvol.40

dクリエイターズ ハンドメイドストアin西宮阪急


●2015●

(書籍掲載)  ART BOX vol.23 Cool Japan creators file Ⅳ

dクリエイターズ ハンドメイドストアinうめだ阪急2015春

デザインフェスタvol.41

(雑誌掲載)  ハンドメイド作家ガイド

デザインフェスタvol.42

高円寺cream 鳥のつどい展


●2016●

HAND ART Marché

minneのハンドメイドマーケット2016 

ヨコハマハンドメイドマルシェ2016

ハンドメイドインジャパンフェス2016

(web掲載) irorio

GIRLS DAY OUT


●2017●

リボンマルシェin恵比寿

リボンマルシェアモーレinうめだ阪急

minneのハンドメイドマーケット2017

ヨコハマハンドメイドマルシェ2017

リボンマルシェ in kitto

2017うめだどうぶつえん

ヨコハマハンドメイドマルシェ2017秋

cottoliの小さなパン屋さん


●2018●

minneのハンドメイドマーケット2018

ヨコハマハンドメイドマルシェ2018

紙フェス(東急ハンズ池袋店)

2018うめだどうぶつえん

ヨコハマハンドメイドマルシェ2018秋

月刊『ディズニーファン』×minneのコラボレーション企画「THE MICKEY MOUSE 90th Collection」にてミッキー&フレンズをモチーフにした作品を出品。

minne Christmas Market in キラリナ京王吉祥寺

minneのハンドメイドアワード2018 話題賞


●2019●

minneのハンドメイドマーケット2019

GLOOでつくろう「#貼るってたのしい」コンテスト 3月「コクヨ賞」

ヨコハマハンドメイドマルシェ2019

2019手づくり博「ハンドメイドるなパーク」

トンボ鉛筆×minneの特別企画 9月10月担当